ウサブログ

ウサブログ

自由奔放変わり者のウサが、発信したい事を発信する場としてブログを開設しました。

瀬戸内5泊6日の旅に行ってきた。(岡山ー広島ー愛媛ー香川ー淡路)

 どうも!ウサです。

 ご無沙汰しておりました・・・。

 8月8日から13日まで、瀬戸内に5泊6日の旅に行って参りました。車で。(一応新婚旅行)

 

 すっごーーーーーくよかったです。またいきたいなぁ。

 

 

瀬戸内旅の詳細

1日目(大阪→岡山[岡山・倉敷])

 初日は昼に出発して、岡山の後楽園&岡山城へ。2時間半くらいで到着しました。

 前日は新幹線がストップするレベルの大嵐の日だったため、ドヨーンとしていますが、雨は降っていませんでした。後楽園はとっても綺麗だったのですが写真撮りませんでした。(なんでだろう)岡山城は近代的でした(エレベーターがある笑)。

f:id:f09847um:20170819101838j:plain

 後楽園と岡山城の間にある、うどん屋さん「城見茶屋」さんにいきましたが、ここの梅しそおろしうどんが人生の中で一番美味しいうどんでした!この旅行では香川にも行ったのですが、香川のうどんよりも美味しいです!驚き!旦那も同じことを言っていました。麺がもっちもちで、さっぱりな味付け。最高です。また食べたいなぁ。

f:id:f09847um:20170819101827j:plain

 岡山城のあとは、ホテルへ。「倉敷せとうち児島ホテル」に宿泊しました。倉敷といっても倉敷市街からは離れている、山の頂上にあるホテルで、隣には寂れた遊園地があります。リーズナブルなお値段(朝食付きで1人1万円ほど)で、絶景!そして美味しい食事!素晴らしいお風呂!のホテルです。感激しました。また泊まりたい。

 部屋から見える瀬戸大橋。露天風呂からも同じ景色が見れました。

f:id:f09847um:20170819101812j:plain

 食事は和食・洋食が選べますが、和食がオススメです。私たち夫婦はよく食べると思われたのか、ご飯やデザートをサービスしてくれました。笑 これは朝食です。おかずが写っていませんが、品数が多かったです。夕食はフルコースでも2500円ほどでした。

f:id:f09847um:20170819101817j:plain

 

2日目(岡山[倉敷]→広島[尾道])

 ホテルが快適すぎたため、お昼近くまでホテルでのんびりした後、岡山から広島は尾道へ。2時間半くらいで到着しました。

 千光寺に行ってきました。往復でロープーウェイの切符を買いましたが、往路はロープーウェイで正解。

f:id:f09847um:20170819103419j:plain

 頂上のレストランではっさくのパフェを食べました。頂上から地上に向かって「文学のこみち」が続いており、その途中に千光寺があります。「文学のこみち」には有名な人の名前がたくさん・・・中学の社会で習うような人たちがたくさん出てきて、旦那と「あ、この人東海道中膝栗毛の人だねw」とか「適塾作った人じゃん!!」とか言いながら降りていきました。(ここでロープーウェイの復路の切符は要らなかったことに気づく)

 千光寺の写真は千光寺が近すぎて撮れず(敷地が狭く、崖になっているので、私の技術では引きで撮れませんでした)、文学のこみちは意外と険しいので撮っている余裕がなく、やっとかなり降りてから写真が撮れました。旦那が写っていますが、まぁいいでしょう。結構レトロな感じです。ちょうどこの左側の家は「ガラクタ屋」で、部屋の中に大量のガラクタがあり、数十円で色々売られていました。斬新。笑

 この日、ちょうど写生大会があったようで、道端で絵を描いている人がたくさんいたのが印象的でした。

f:id:f09847um:20170819103625j:plain

 尾道商店街に戻ったら、有名な「尾道ラーメン」を食べました。

 有名なお店は「朱華苑」で、それはもう行列で並ぶ気が起きませんでした(ディズニー並ですよ)ので、その近くにあるこちらも評判の良いお店「雑兵めん屋」にいきました。美味しかったです!が、尾道ラーメンは背脂がすごい・・・ダイエット中の人は食べたくないかもしれないです。【画像の向きは後日直します】

f:id:f09847um:20170819104247j:plain

 その後、尾道尾道ですが、商店街からかなり離れた、これまた山の頂上のホテル?研修施設?「天然温泉 尾道ふれあいの里」に宿泊しました。学生が合宿で泊まるような宿でかなりリーズナブル(朝食付きで1人5000円ほど)ですが、夫婦ともに海外や国内のゲストハウスも平気で泊まれるので、とりあえず予約してみたら・・・正解でした。めちゃくちゃサービスいいですし、ゲストハウスどころかそこらの旅館に比べても綺麗です。はっさくのわらび餅を買って部屋で食べようとしたら、こぼしてしまうとよくないので・・・とわざわざお皿とフォークを出してくれました。嬉しい心遣いですよね。温泉も色々な種類があって、なんだかんだここの温泉がこの旅行では一番良かったと思います。(道後温泉や琴平温泉に行ったのに・・・)

 

3日目(広島[尾道]→大三島(愛媛)→大久野島(広島)→愛媛[道後温泉])

 3日目は島に行くぞ!ということで朝宿を出発し、しまなみ海道を通って大三島へ。1時間くらいだったと思います。普通に車で行けます。

 私たちが行ったのは大三島からさらに高速船で15分の大久野島です。「うさぎの島」として売り出しているそうですが、ここは戦時中「日本地図から消されていた島」というのでも有名です。「毒ガスの島」とも言えますね。私たちはうさぎなんかより大久野島の毒ガス資料館に興味津々で、アーティスティックな島が他にたくさんある中で、大久野島をチョイスしました。

f:id:f09847um:20170819105418j:plainf:id:f09847um:20170819105400j:plain

 島についた途端、大量のうさぎさんたちが・・・

f:id:f09847um:20170819105552j:plain

 ちょっと沖縄を彷彿させるような南国な島です。海は沖縄より綺麗かも・・・

f:id:f09847um:20170819105650j:plainf:id:f09847um:20170819105723j:plain

 うさぎさんを見つつ、島の奥の方にある毒ガス資料館へ・・・(中は撮影禁止なので写真はありません)

f:id:f09847um:20170819105915j:plain

 資料館自体は、部屋は2つだけですが、貴重な資料や物品がたくさん展示されています。結構生々しい写真もあったりしましたが、日本人はこういう過去があったのか・・・とちょっと反省するような内容ですね。今でも、中国には日本軍が作った毒ガス瓶がたくさん埋まっていて、建設工事などで発掘・破損してしまって毒ガス被害を上けている人がたくさんいるそうです。そういえばそんなニュースを聞いたことがあるなぁと・・・。外にも毒ガスを作っていた時の器具がそのまま展示されています。

f:id:f09847um:20170819110223j:plain

 とても見応えのある資料館でした。この資料館だけでこの島の旅は個人的に満足。

 この後、休暇村でご飯を食べて、またフェリーに乗って大三島に戻りました。そこからまたしまなみ海道に入り、今治を経由して一気に松山は道後へ・・・

 温泉郷に泊まるときはハイクラスのホテルに泊まろう!ということで、道後温泉「茶玻瑠」に泊まりました。(夕朝食付きで1人22000円)チェックインをすると荷物を運んでもらえるというところで夫婦共々困惑。笑 部屋に入って感動。(和モダンとはこのことか!という部屋)

f:id:f09847um:20170819110905j:plain

 そして道後温泉本館までは徒歩1分かからないレベル・・・。千と千尋の神隠しのお風呂屋さんのモデルになったそうですね。

f:id:f09847um:20170819110940j:plain

 道後温泉の2階席のチケットを買って入場しようとしたら「30分以上待ちますよ」とのことでした。(階下のチケットだったら即入場できた)仕方なく待って、やっと入場したと思ったら、浴室は満員御礼というか、溢れていました・・・洗い場は当然満員。浴槽にも人がズラリ・・・(入りたくない・・・)ということで、すぐにUターンして2階に上がったのでした。

f:id:f09847um:20170819111234j:plain

 2階はこんな感じになっていて、お茶と和菓子が出されます。レトロな雰囲気があっていいのですが、30分以上並んで、あの風呂で、このお茶とお菓子・・・割りに合わん・・・というのが正直な感想でした。笑

 結局ホテルに戻って、ホテルの温泉を満喫しました。清潔で見晴らしも良くて、道後温泉本館には行かなくてもよかったかも・・・という気持ちになってしまいましたが、千と千尋の神隠しファンとしては、確かに!と思うことも多かったので、プラマイゼロかな。笑

 ホテルの料理はビュッフェでしたが、おしゃれでとっても美味しかったです。食べ過ぎました。これはもう3皿目くらいのデザートが大量に乗っている皿ですが。笑

f:id:f09847um:20170819111541j:plain

 

4日目(愛媛[道後温泉]→香川[高松・琴平温泉])

 やはりホテルの居心地が良過ぎたため、お昼まではホテルでゆっくりして、香川は高松へ!2時間くらいかかりました。お盆に入りましたが道は全く混んでいませんでしたね。

 高松についたら、栗林公園(りつりんこうえん)に行きました。読めないですよね。完全にくりばやしです。ここは本当に綺麗でしたね。結構好きです。

f:id:f09847um:20170819112103j:plain

f:id:f09847um:20170819112123j:plain

 そして、香川といえばうどん!ということで、「竹清」へ。行列でしたが、回転率が早くすぐに食べられました。完全にセルフですが、美味しかったです。

f:id:f09847um:20170819112320j:plain

 その後、琴平温泉へ・・・高松市内からは結構時間かかりました。今回もハイクラスな「琴平温泉 桜の抄」に宿泊しました。(夕朝食付きで1人25000円)こちらも道後温泉の時と同じく、和モダン。

f:id:f09847um:20170819112500j:plain

 夕飯はフルコース、朝食はビュッフェでした。うーん美味。うどん美味しい。笑

f:id:f09847um:20170819113741j:plain

 

5日目(香川[琴平温泉]→淡路島)

 お盆のど真ん中の日なので、混んでいるかも?ということで朝出発。徳島の鳴門を経由し、鳴門大橋を通って淡路島へ・・・2時間弱で着きました。途中道の駅にもよりましたが、徳島側から入ったせいか、とにかくうずしおうずしおうずしお

f:id:f09847um:20170819113957j:plain

 うずしお観覧船の日本丸に乗りました。とにかく海は綺麗ですね。うずしおは本当にぐるぐるしていました・・・笑

f:id:f09847um:20170819114058j:plainf:id:f09847um:20170819114117j:plain

 港でまたうどんを食べました。結論としては、瀬戸内のうどんはどこで食べても美味しい。笑

f:id:f09847um:20170819114225j:plain

 淡路島では、かんぽの宿(お盆価格で1人1万5000円)に泊まりました。写真には撮っていませんが、予想外によかったです。ご飯も美味しかった。

 

6日目(淡路島→大阪)

 最終日・・・淡路島の花さじきに行ってきました。びっくりなのが、ただそこに花畑がある、というような感じで、入園料も何もいらないということ。笑

 そんなに時間は潰せない場所ですが、景色が良くて、綺麗で、落ち着いた気分になれました。

f:id:f09847um:20170819114525j:plainf:id:f09847um:20170819114540j:plain

 

 お盆だし混むよね・・・ということで10時過ぎに出発しましたが、なんと全く道が混んでいなくて、自宅に12時半にはついてしまいました。笑

 

まとめ

 今回の旅は、温泉・食べ物・スケジュールはまったり!を意識して組み立てました。

1日1県は大変かなぁと思いましたが、ポイントを絞ればかなり満喫できますね。

 オススメは大久野島です。絶対に行ってもらいたいです。岡山の「城見茶屋」さんも・・・笑

 5泊6日あれば、岡山・広島・愛媛・香川・淡路をゆったりまったり満喫できちゃいます!誰かの参考になりますように。