ウサブログ

ウサブログ

自由奔放変わり者のウサが、発信したい事を発信する場としてブログを開設しました。

オンライン家庭教師manaboの公認チューターになりました。

 どうも!ウサです。

 今日はオンライン家庭教師manaboの指導品質テストを受験しましたので、そちらのレポートになります。

 manaboに登録したのは、7月4日だったので、今日でちょうど1週間くらい経ちますが、未公認チューターでも現時点で9800ポイント(つまり9800円)稼げています。 教えた生徒は50人ほど。1人あたり10分ほどの指導時間なので、時給1000円弱ですね、未公認だと。

 テスト受験後は、時給換算したら、時給1200円以上になってました。全然違うよ!驚きだよ!笑 大学生の時にmanaboを知ってたら、100%のめり込んでいましたねきっと。

 

目次

 

オンライン家庭教師manaboのチューター2種類

未公認チューター

manaboに登録すると、まず未公認チューターとして働くことが可能です。公認チューターよりも報酬が安いです。待機チューター(生徒が現れるのをひたすら待つチューター)にもなれません。

公認チューター

指導品質テストというテストを受けて合格すると公認チューターになれます。報酬高めです。(科目によりますが)待機チューターになれます。

 

*マナボのマニュアルには「未公認よりも公認チューターの方が生徒に選ばれやすい」と書いてありましたが、全然そんなことないです。未公認でも評価がよければ、公認チューターに勝てます。(マナボは生徒の質問に「私が答えるよ!」と立候補して選ばれる必要があるのです)

 

指導品質テストとは?

 ネットで調べても、マナボのマニュアルやダッシュボードを見ても、どこにも情報がなかった「指導品質テスト」。まあテストなんだからそりゃそうだろうと思いましたけども。

 内容としては、「高校数学の問題を試験官相手に教える」だけでした。30分かからないくらい。その問題も公開されていないのですが、指導品質テストの要項をよく読めば見当はつくな・・・という感じです。結構ハードな問題なので事前準備しないと、教えられないと思います。(頭が良くない私のような人は)

 指導ポイントがいくつかあって、それをクリアしていれば基本的には合格のようです。おそらく試験官は大学生?(インターン生かしら?)でした。頭良さそうな。理解力ありすぎて、サクサク進んじゃいましたよ。終了後、フィードバックをもらえます。なんだか大学生に評価されていると思うとちょっと????な感覚になりましたが、チューターは大学生ばかりだと思うので問題ないのかなーなんて思いました。

 

 なかなか手頃でいいお小遣い稼ぎになっています。本業にしたいくらいですが、そこまでは稼げないな、このシステムは。そこが残念です。