ウサブログ

ウサブログ

自由奔放変わり者のウサが、発信したい事を発信する場としてブログを開設しました。

小学校教員資格認定試験 第2次試験音楽実技について

どうもウサです!

*この記事は、ウサが大学生時代にアメブロに投稿した記事をそのまま移行しております。

 

小学校教員資格認定試験 第2次試験 音楽実技

全く参考にならないかもしれませんが、音楽実技に関して。

これをどのように対策するかは、ピアノをどの程度習っていたかどうかによるので、一概には言えません。


とりあえず私のピアノ歴から話します。(どうでもいいことですが・・・)

母がピアノの教師なので、2歳の時にはピアノに触れていたようで・・・そう考えるとピアノ歴は20年程度です。また、小学生の時から合唱曲の伴奏を担当するようになり、その伴奏を家で練習するときに、自分で合唱曲の歌を歌いながら伴奏を弾くようになっていった為、弾き語り(弾き歌い)歴は12年程度・・・です。


そして、私が試験前に行った事・・・

2次試験の1か月弱前に課題曲が「スキーの歌」ということが分かったので、とりあえず母親に連絡し、母の知り合いである小学校の先生にその伴奏譜を2つコピーさせて頂きました。それぞれ本伴奏(メロディーなしの普通の伴奏譜)で、調が違うものを頂きました。

また、1人暮らしで楽器不可のアパートに暮らしているため、ヤマハのキーボードを購入しました。その頃、上記の楽譜が実家から送られてきました。ここまでで試験2週間前くらいだった気がします。

また、それまでに、私は「スキーの歌」を知らなかったので、youtubeでスキーの歌を聴いて曲のテンポや歌詞を覚えて、強弱つけて歌えるように仕上げておきました。

その後、それぞれの楽譜で歌をつけて歌ってみて、歌いやすい方を選び、その譜面で2次試験まで練習しました。1日5回程度しか弾いていませんでしたが、全て歌いながら演奏して、満足いくまでコンスタントに練習しました。


が、これは私が常日頃から弾き語りを趣味で行っているから出来た事なのかな、と思います。大抵の譜面であれば、初見で弾けてしまいますし、歌を知っていれば、初見で弾き語り出来てしまいます。

ピアノをある程度弾ける人で、弾き語り経験がある人はその程度の練習で大丈夫だと思います。私は緊張しないタチなので、本番でミスをする心配を全くしていなかったのですが、緊張の心配がある人は緊張しても完璧に弾けるくらい練習をすればいいかと思います。


ピアノをある程度弾けるけど、弾き語り経験がない方は、とりあえず歌と伴奏とそれぞれだけで完成させてから、「弾きながら歌う」練習をするといいでしょう。どちらかが不完全ですと、合わせて演奏することができません。歌はとりあえず暗譜でアカペラで完璧に歌える位にはしたいですね。また、譜面は簡易伴奏(メロディー+伴奏)をお薦めします。メロディーがある方が弾き語りはやりやすいです。


ピアノを習った事はあるけど、弾ける自信がないという人は、昔の教本なんかを引っ張り出して1次試験前から練習をした方が良いです。とにかく指を動かしましょう。その後の要領は上記で良いと思います。


ピアノを習ったことがないという方は、正直かなり厳しいと思います。1年位ピアノを習った方がいいのではないでしょうか。譜面の読み方を始め、指のポジションや、両手で演奏する事、さらにそれに歌をつけるという事など、他の楽器とは全く違う世界を体験することになりますので、早めの対策が必要です。

譜面もピアノの先生に用意して頂いた方が良いでしょう。


あと、基本的なことで気をつけた事は・・・

・ピアノの椅子に座るときは、試験官がいるのと反対側から回り込んで座る。(試験官にお尻を向けない)

・楽譜には黒画用紙を貼る。(補強とペラペラの紙ではみっともないから)

・譜面台の角度を自分の普段のものと同じ角度に調整する。

・一度両手を膝に置いて一息ついてから演奏を始める。

でした。これは、常識的な事ですので、自然とやりましたがその場で試験官に褒められました。

大学生だったからなのかもしれませんが・・・苦笑


音楽に関しては、対策等の相談にものります。

おすすめの楽譜です。先に購入して、色々な曲を練習しておくといいと思います。 

 

 

簡易ピアノ伴奏による 小学3・4年の音楽(改訂版) 松山祐士 編

簡易ピアノ伴奏による 小学3・4年の音楽(改訂版) 松山祐士 編